スキルアップができる貿易事務の仕事|今まで経験したことがない職業

就職情報を求める

女性

働きたい、働いて欲しいなど、求人情報を紹介するのが共通してサービスで評判の良いランスタッドです。人材派遣から紹介まで行っており、働き手からは質の高い情報で支持されています。全国、様々な職種や職業があり、正社員から派遣まで、働き方まで選べる点も評価されています。

もっと知ろう

輸出入にかかわる仕事

男女

英語力が必要

商社やメーカーはもちろん船会社や航空会社、銀行や保険会社などでも、貿易事務の仕事が大きな役割を果たしています。具体的な貿易事務の仕事としては、輸出関係では通関手続や発送の手配など、輸入関係では関税納付や納品管理など、その他では信用状や手形の発行や引受などが挙げられます。業種によって仕事の内容は異なり、書類作成がメインになる場合もありますが、会話力や交渉力が必要になることもあります。書類も大部分は英語になるので、ある程度の英語力は必須と言えます。近年では中国語のできる人材も求められています。実務未経験で貿易事務の仕事に就きたい方は、検定試験の結果や留学経験などで、まず語学力をアピールすることが重要になります。

国家資格と民間資格

貿易事務に関する国家資格としては通関士があり、民間資格としては貿易事務検定や貿易スペシャリスト認定試験などがあります。これらの資格を持っているからといって、必ず貿易事務の仕事に就職できるわけではありませんが、有利に働くことは間違いないでしょう。実務経験がない方は一般事務でビジネスマナーを身につけつつ、資格を取得するのもひとつの方法です。特に中小の貿易会社では、一連の業務をすべて任されることも多く、やりがいのある仕事と言えます。スキルを積んで一人前になれば、年齢に関係なく働けるのも特徴で、一度退職した女性の再就職先としても人気があります。相手との意思疎通が大切なので、コミュニケーション能力のある方に向いています。

製造の人材募集の方は

スーツと履歴書

製造業の求人募集は多いものですが、応募する前にその特徴について知っておく必要があります。この業種はある意味実力主義の世界です。自分で課題を見つけ出し、解決しながら自身の技術を向上させるような自主性が問われるというわけです。

もっと知ろう

現場工程の責任者

求人

施工管理は土木や建築の現場ですべての工程を管理する立場の人間です。国家資格である施工管理技士の資格を持っている必要もあります。そして現場で育てて育成することが難しくなっていることもあり、新規採用や派遣などをするケースが多くなっています。

もっと知ろう